社員紹介/our team

斉藤 勇祐

コンテンツクリエイター

斉藤 勇祐(入社2年目)

斉藤 勇祐
へらへらボーイ
  • うっちぇ
  • 大家族
  • ベストセラー作家

プロフィール

名前
斉藤勇祐(サイトウユウスケ)
役職
インク事業部 コンテンツクリエイター
入社年月
2016年4月1日
生年月日
1992年7月8日
年齢
24歳
血液型
B型
出身地
北海道
会社でのあだ名
うっちぇ
受賞歴(仕事・プライベート)
amazonベストセラー商品ランキング、オンライン・ソーシャルゲーム部門1位
家族構成
父、母、祖母、兄、姉1、姉2、自分の7人家族 ネコも2匹
彼氏・彼女
その概念古いですよ・・・。
趣味
ゲーム、音楽、スポーツ、ご飯
特技
はじめて会う人に「昔から友達だったみたい」と言わせる
好きな女性のタイプ
その1⇒ご飯の好みが近い人
好きな女性のタイプ
その2⇒外に連れ出してくれる人
好きなバンドを集めて音楽フェスを開催・運営

ライフスタイル

休みの日の過ごし方
家でパソコンをいじっているか、外に出掛けるかの2択ですね。どうやったらお金増やせるかなーって考えてます笑
地元の自慢
今は江戸川区で一人暮らしをしています。ノラ猫が多いことが自慢ですね。
オススメ地元グルメ
1本60円の焼き鳥屋さんがオススメです。店主さんが優しくて週末に焼き鳥を買いに行ったらトリガラ(コラーゲンたっぷり)を無料でくれます。
地元のオススメデートスポット
ラーメン次郎小岩店だと思います。あのデカ盛りラーメンを2人で食べきるデートにきゅんきゅんしない女性はこの世にいないでしょう。
出没スポット
錦糸町、新宿、渋谷、原宿
何フェチ?(異性のタイプ)
ふともも
将来の理想の族構成は?
奥さん、子供2人、ネコ2匹

平日の過ごし方

8:40
起床、急いでシャワーを浴びて準備
10:00 <始業開始>
気合いを入れるためエナジードリンクモンスターを注入。月曜日は朝と夕方に気合いを入れています
11:00 <業務>
メルマガの確認、キャンペーン設定の確認
12:00 <業務>
モニターサイトの応募者の選定
平日の過ごし方
13:00 <お昼ご飯>
休憩時間は1人が好きです。でも、誘われたら喜んでついていきます
14:00 <業務>
記事の執筆。記事にするネタを探し、目次、全体の流れを作り本文を執筆します。いかにユーザーに有益な情報を提供できるか考えながら作業を進めます。
それでも時にはいいアイデアが浮かばないこともあり、悔しい思いも。
平日の過ごし方
16:00
考え抜いた結果できた渾身の企画を上司の谷澤さんに提案。反応がいまいちのときは、YESといってもらえるまで全力で企画の良さを伝えます。
18:00 <業務>
記事の校正、明日の予定を立てる
19:00 <終業>
平日の過ごし方

インタビュー

斉藤勇祐
シー・コネクトに入ったきっかけは?
連絡が早かったことが1番大きな理由です。会社側は採用するときに悩んだらその人を絶対に採用しない方がいいと思っています。
連絡が早いということは悩んでいないということの表れなので会社と自分はマッチングしていると考え入社を決めました。
会社のイイところは?
責任をとれば、やりたいことをやらせてもらえる。そして、先輩社員さんがいつでも相談に乗ってくれる環境がある。
正直、この2つがある職場ってかなり恵まれていると思います。チャレンジができて、アドバイスももらえるなんてヤバくないですか。
仕事内容について教えてください。
インク事業部では大きく括れば集客の部分を担当しています。プリンターやインクに関連する記事の執筆からコーディング、商品ページのコンテンツ内容の充実、ブロガーさんにモニターブログを依頼、メルマガの配信など手広く行なっています。
ビジネスにおいて一番の挫折は?
入社してから毎日ように記事を書いていた頃は記事PVが伸びなくて、書いてもユーザーは必要としていないんじゃないかと思うようになっていました。
数字が付いてこないと自分の価値を図りづらくなり、自分の存在意義はなんなのかみたいになっていましたね。
それをどう乗り越えた?
コンテンツは成果が出るまで時間がかかるのでひたすら辛抱していました。徐々にPVが増えて来たときがすごく気持ちがいいんですよ。
心がけていたのは自分の仕事は重要だ!自分は会社で重要な存在だと思うようにしていました。
後、記事の執筆以外で集客をできないかと思いモニターサイトの企業ページの運営をやらせていただいて、業務のバリエーションを増やしたのも自分には合っていました。
一緒に働きたいのはどんな人?
人を選ばない人と一緒に働きたいです。全員と仲良くするのは難しいですが、人の特性をよく分析して上手な人間関係を構築するのが社会人として必要な能力だと思います。
意外と人の好き嫌いなんて先入観だったり周りの意見だったりします。
このエントリーをはてなブックマークに追加